東大阪の新築一戸建て・自由設計をてがけるエトワールヴィル CENTURY21 新星不動産販売の会社案内

About Us 会社案内

トップページ > 会社案内

Greetingごあいさつ

お客様に住まいをご提供させていただくことを仕事とし、32年が経ちました。

この間、様々なお客様にお会いし、住まい探しのお世話をさせて頂くなかで学んだことがあります。
お客様は、それぞれに異なった理由で住まいを探されています。住まいに求める希望も様々です。
正直数々の失敗も経験しましたが、常にご家族の声に耳を傾け、真剣に住まい探しのお手伝いをするうちに、ただ単に「家を売る」だけではお客様は満足されないということを学び、そしてお客様の「ありがとう」という感謝の言葉に自分自身のやりがいがあることに気付きました。

では、お客様に感謝して頂き「ありがとう」の声を聞く為にはどうすればよいのか? それを真剣に考えながら日々仕事をする中で、自然と「このお客様は何を求めておられ、何を欲しているのか」を常に意識し、どのように準備し、どのような段取りで進めればいいのかを考えることが習慣となってきました。
そして、限界だと決めつけて諦めてしまうのは環境ではなく、自分の心であり、悩み苦しい時こそ無理にでも笑顔を作ることで「前に進む力」「自分自身も驚くような事にチャレンジしてみる力」となることを知りました。本気で生きているのか、全てを出し尽くしているのか?と真正面から自分に問い、逆境から抜け出せた時、チャンスは自然と周りからやって来るのだと。人は後が無くなった時ほど、想像を超える力が発揮できるものなのです。

また「独創性」とは、突拍子もないことを考えたり、奇抜なアイデアを探すのではなく、今まで存在しなかった組み合わせについて「考え抜く力」であると思っており、私ども自身がわくわくするようなアイデアを出しあい、それが新人であろうと誰でもアイデアが湧いたら何時でも言いあえるような環境をつくることが大切です。

崖っぷちの有り難さを自分の中で感じて成長して欲しい。そのためには崖っぷちを自ら作らなければならない。お客様の、そして自分の理想を常に追い求める、そういう志をもった会社でありたい。それが、これから出会うお客様のまだ見ぬ笑顔、ご満足に繋がってゆくのだと信じております。

お客様が住まいを買われる決断をした時、いかに喜びや感動を味わってもらえるのか。 その感動や喜びが大きいほど、お客様の友人・知人に広まり、期待に溢れる新しいご家族との出会いが生まれます。

これからも、お客様からの本当の「ありがとう」の声を聞き続ける為に。

代表取締役 井之上 浩

Photo Gallery社屋写真

新星不動産販売社屋


エトワールヴィル社屋

センチュリー21
春のセールスラリー
2020年_受賞

下のサムネイルをクリックすると
動画をご覧いただけます。

動画を再生する【mp4:134MB】

動画を再生する【mp4:18.6MB】

動画を再生する【mp4:18.5MB】

Interview受賞インタビュー

受賞インタビュー
― 貴社について教えてください。
大阪府東大阪市で、分譲マンション・戸建・収益物件などの売買物件の仲介・買取・建売住宅の自社販売を手掛けています。
私が20歳の成人式を迎えたとき、人生の目標に「結婚・自宅の購入・独立を30歳までに果たすこと」を挙げました。順調に準備を進めていましたが、27歳のときに不動産バブルの崩壊によって多額の借金を抱えてしまいました。しかし一生懸命働いて、3年で借金を返済し、さらにその3年後に会社を設立して目標を達成しました。センチュリー21に加盟したのはその5年後の1998年です。今年で不動産業に携わって40年になります。
― 長年、不動産業をやられてきて大事にされていることはなんですか?
お客様は、気になった物件があるので不動産会社に来られます。気に入らないものはそもそも買わないのです。しかし、気に入っても「本当にこの物件で良いのだろうか」と不安になります。その不安を紐解いて理解していただきます。今よりももっと幸せになりたいと願うお客様が不動産会社には来られますので、そんなお客様に本当に喜んでいただく事が何よりも大事です。そのためには営業の対応はもちろんですが、例えばお客様が来社されたとき、会社のスタッフ全員で挨拶し、帰られる時にも全員で「ありがとうございました。」と挨拶しています。そういう基本的なことが重要だと考えています。当社では「お客様第一主義」をモットーにしています。
― 会社の強みはなんでしょうか?
臨機応変に対応している事でしょうか。付き合いのある業者さんが土地を買わないかと言ってこられたら、私は一日でも早く返事をするようにしています。スピードが信頼につながるのです。それから、相手を信頼することも大切です。この度は賞を頂く事ができましたが、コツコツと実績を積んできた事の他に、大きな取引が成功したのも受賞の要因だと思います。それも相手方を信頼する事で成立した取引だったので、スピード感を持って臨機応変に、もうこれ以上問題が無いかを全て理解し解決して、相手を信頼して仕事をするという事が強みだと思っております。
― 40年仕事をされていて、印象的なことはありますか。
物件をご購入いただいたお客様が、涙を流して喜んでくださる事があります。人の涙はなかなか見られないものです。苦しい涙、嬉しい涙、いろんな涙が見られる数少ない仕事だと思います。その涙も、時間をかけて、しっかりお客様とお話ししてお客様の心にまで届いたからこそ流れるんです。そんな良い仕事をしたあとは、必ずもらい涙になります。そんな醍醐味のある仕事ですので、入ってきた営業マンにはそういった面白さを伝えています。
― お仕事のモットーは何かありますか。
モットーは「お客様には時間をかけて、準備を整えろ」です。お客様は気に入るような物件を探しています。気に入ってもらえてから前に進める仕事なんです。ただ、気に入ると今度は不安が出てきます。それを一緒に行動してお話しをして、体験してもらい、「本当にこれ以上良い物件は無いな」と理解していただきます。営業マンは、今のこの物件が最高の物件だと自信を持って断定する。そのためには準備をし、近隣の物件を全て把握し尽さないとないとダメなんです。自分の中で自信を持つのが大事です。
― 社長のストレス解消はなにかありますか?
ストレス解消は、契約を頂く事しかないです。仕事のストレスは仕事で返します。お酒を飲んだり、他の遊びをしてもストレスが晴れることはありません。ストレスを抱えることも仕事なので、解消も仕事でします。契約を頂く事でほとんどの苦労は報われます。
― 社長として社員にどのように指導されていらっしゃいますか。
「可能性として今できることは何なのか、この1分という時間の中でどういう事が出来るのか」をずっと言っています。接客ではもちろんですが、ビラ配りでも同じです。営業マンが、いかにそのチラシを大事に入れるかどうかを考えます。
― 日々のやり取りをどのように配慮、心がけを行うようにされていますか。
お客様が不安にならない様に、全てを言ってもらえるような関係性を作ってほしいと考えています。ご家族の中に入り、ご家族の一員としてお客様の立場になって一緒に考えてほしいと思います。私はそういうやりかたでやってきました。昔の話ですが、お客様から「夜中になっても娘が帰ってこない。」という電話があり、私は近所を探して、お客様の家にも行き、無事に帰ってきたと聞いて安心した事がありました。そういう事も相談して頂ける、そんな濃密な付き合いを続けてきました。だからこそ信頼していただき、他のお客様をご紹介いただけます。当社では、新築物件購入後のお客様に対しても定期点検を実施しております。クレームなどもありますが、早めの対応をする事で、お客様の安心に繋がります。購入後のアンケートやインタビューを受けて頂けるお客様の感想などをホームページに掲載し、検討して頂ける新しいお客様の為に「安心」と「信頼」を感じ取ってもらいたいと思っています。
― 40年にわたって仕事をされていますが、なぜ不動産業を選んだのですか?
不動産売買では、大きいものを動かす仕事でやりがいもありますし、たくさんの人に喜んでもらえます。良い仕事をすれば、信頼が返ってくることも不動産の仕事の魅力ですね。
― 先日、大阪の医療機関で医療用資材が無くなり、本部や加盟店の皆さんへ雨合羽の支援を早速にお申し出されたとお聞きしました。
結果的には遅かったですが、苦しい中でもすぐに動くべきだと思いました。医療関係者が防護服の代わりにごみ袋を被って仕事をしているとテレビで見て、考えられない事だと思いました。雨合羽を集めて寄付しようと、すぐ本部にも連絡を入れました。ほかの企業の応援がすごかったようで、すぐに大阪市にすごい量の支援物資が届いたようです。「人が困っているから、何か協力しよう」という感覚はみんな持っていると思いますが、そこで実際に行動するかどうか。私は行動できる人間になりたいと思っています。
― 不動産のプロフェッショナルとは、何でしょう。
営業時代から、私は「相場観」と「どういう人が不動産を買うのか」を想像し、不動産売買の価格帯を学んできました。それが今、経営者となって生かされている事だと思います。
― 社長の人生で一番大変だったことは何でしょうか
阪神淡路大震災のときが、一番大変でした 。梁を切るのに迷って、結局大丈夫だろうと梁を切った長屋がありました。その2日後に地震が起きました。その長屋のおばあちゃんが心配になり、朝6時に飛んでいきました。おばあちゃんは無事でしたが、長屋の部屋内はぐちゃぐちゃで……。また建築が一切できなくなりました。東日本大震災のときもそうでしたが、材料が入ってこなくなったんです。ベニヤもない、部材もないために、壁や床、屋根が張れませんでした。だから契約しても、お家が完成する目処が立ちませんでした。そういう時期が8ヶ月続きました。当時、契約中の13組ものお客様に来て頂いて、状況を説明し、真摯にお話し致しました。結果、そのまま契約を継続して頂く事になりまして、仕事を続けられましたが、いつ着工出来るかはわかりませんでした。一つの部品が足りないと、その部品が入るまで家が完成しないのです。部品が入るまで待っている事になります。その当時は、この災害の為、待つのが仕事になっていました。
― 東日本大震災、新型コロナ問題など、何度も苦境に立たされたと思いますが、どう乗り越えていこうと思われましたか?
その場、その場で臨機応変に対応するしかありません。今、先の見える人はいないと思います。ただ、新型コロナ関係の影響は今のところありません。物件を探しているお客様はおられますし、昔からのお付き合いやご紹介でお話を頂いたりする事もありましたので。
― 今後の意気込み・目標はなんでしょうか
新型コロナウイルスの流行によって、今後が全く不透明な時期です。でも、常に前向きに考えています。よそが引いた時に前に行く。別の会社が物件を買い控えているのであれば、当社が買う。他の人が考えている逆のパターンで行動しようと考えています。しんどくなったら、損してでも売ってしまおう。何事も回転が大事です。利益の出る、出ないはそのあとの話だと思っています。不動産は定価がありませんので、物件の金額は私が決めていますが、いくらで売れるかは想像の世界です。経験と場所、単価と地域性など総合的に見て判断しています。
受賞はモチベーションアップにつながります。今後の目標としては、是非、店舗部門で1位を狙いたいと思っております。

Company Profiles会社概要

会社名 有限会社 エトワールヴィル
所在地 〒577-0803 大阪府東大阪市下小阪2丁目3番24号
TEL 06-6726-0088 (フリーダイヤル)0120-826-100
FAX 06-6726-0080
MAIL etoileville@sinsei-fudousan.co.jp
営業時間 9:00~18:30 (定休日/水曜日)
代表取締役 井之上 浩
設立 平成15年3月
所属会員 一般社団法人 大阪府宅地建物取引業協会
公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会
免許番号 大阪府知事(2)第58288号

会社名 有限会社 新星不動産販売
所在地 〒577-0843 大阪府東大阪市荒川3丁目5番13号
TEL 06-6726-1000
FAX 06-6726-1881
MAIL info@sinsei-fudousan.co.jp
URL (会社サイト)https://www.sinsei-fudousan.co.jp
(物件検索サイト)https://www.sinsei-fudousan.co.jp
営業時間 9:00~18:30 (定休日/水曜日)
代表取締役 井之上 浩
事業内容 売買物件(分譲マンション・戸建・収益物件)等の仲介・買取から主に建売住宅の自社販売を専門として、他賃貸マンション、賃貸店舗等数棟を自社所有にて収益を計っております。 事業範囲は大阪市内と東大阪市内を基盤にして各所にて実績を持っていますが、 大阪府下各所に積極的に進出することを決定しています。
設立 平成5年9月
所属会員 センチュリー21加盟店、公益社団法人 全日本不動産協会、住宅保証機構
免許番号 大阪府知事(7)第42469号
主要取引先 三井住友銀行 小阪支店、大阪シティ信用金庫 永和支店、大阪シティ信用金庫 本店営業部、大阪シティ信用金庫 小阪支店、大正銀行 高井田支店、のぞみ信用組合 八尾支店
お問い合わせはコチラ >
Higashi Osaka City

東大阪ってどんな街?

東大阪市はモノづくりのまちであり、江戸時代から多様な製品を生み出してきました。近年では中小企業で働く人たちが集まって人工衛星を開発、打ち上げも成功して雷の観測実験などが行われました。スカイツリーや新幹線に使われる製品の製造も手掛けています。工場の数が全国5位で、そのうちの9割は20人未満の従業員が働く企業となっています。中小企業がモノづくりを行いやすいように行政においても様々な支援施策を行っていて、人材育成や販路開拓などでサポートしています。 スポーツ面では、花園ラグビー場が東大阪市にあるため、全国大会や世界大会も数多く実施される「ラグビーのまち」でもあります。子供たちにラグビー普及の啓蒙活動なども行っていて、指導教室が開かれています。なお、東大阪市にはカレー工場があったことから多くの人に食されており、とくにカレーパンはラグビーボールの形にも似ているとして、カレーパンを食ブランド化して活動を行っており、普及振興に努めています。有志によるカレーパン会も作られ、毎月8日はカレーパンの日としてサービスを展開しています。参加店舗のマップも作られているため、家族や友人と食べ歩いたり味比べが行えます。 交通事情は中央環状線や国道308号線、阪神高速13号などがある他、地下鉄や近鉄けいはんな線などがあり、様々な方面からアクセスしやすいと言えます。

Etoile Ville SeriesEtoile Ville Series
PAGETOP